雨マラソン攻略!寛平マラソン2016に必要なあれば安心のアイテムと心得

初マラソンフィニッシュ!

いよいよ明日に迫った「寛平マラソン2016」。
寛平さんをはじめ、誰もが「もう雨は勘弁してくれ」と願った昨年のレースから1年。
期待を裏切らないというか、芸人の運命なのか、アメマの呪いなのかわかりませんが、
今年は「春の嵐」を呼び寄せてしまいました。

2016/2/13(6:20)現在の予報では、奇跡的に当日のレース中には雨は止んでくれてそうです‼
ですが、前日からの雨で安心はできません。

行ってびっくりとならないように、事前にできることはしておきましょう。




お気に入りのシューズは封印せよ


淀川河川敷を走る寛平マラソンですが、
雨が降るとまるでクロスカントリーのようなコース状況になります。

川のような水たまりを走ったり、ぐちゃぐちゃにぬかるんだ芝の上を走ったり、
当日はどうなっているかわかりませんが、去年のことから予測すると、
今年も大差ないと思われます。

そうなると気になるのがシューズです。

地面のぬかるみはたくさんのランナーが踏み荒らしていくので、
後からくるランナーほど酷い状況になっています。

なんなら靴がハマって脱げてしまうほどです(笑)

ですので、「この日の為にオニューのシューズを~」と考えていた方は、
新しいものも一応持っていきつつ、ドロドロになっていいシューズも用意しておいた方がいいです。

会場も芝生なので、今日から降る雨で大変なことになっていると思われます。
用意できるなら長靴を履いたほうがいいです。
普通の靴だと、歩くのも嫌になるかもしれません。

もちろん汚れて困る靴は封印しておいてください。

応援などで来られる方も、足元の対策を万全にしておけば、
余計なことを気にせず、寛平マラソンを楽しめますよ(^_^)





カッパとワセリンの準備はOK?


レース中は雨が止むような予報ではありますが、油断は禁物ということで、
念のためにゴミ袋で作る即席カッパや、雨を弾くために塗るワセリンなんかは準備しておいたほうがいいです。

今日1日あれば十分用意できるものなので、ワセリンなんかは念のためにも買っておいて損はないです。
今後の雨マラソンに使えますので。




水たまりを避けるのは余計な労力


コース上のあちこちに水たまり、ぬかるみができていると思います。
初めは濡れるのを嫌がって、よけて走るんですが、
そのうち避けれないような水たまりに出会い、気づけば全面ぬかるみなんて場合も・・・。

雨が降った寛平マラソンは普通のロードレースとは違って、
クロスカントリーレースなんだと割り切って、水たまりだろうがぬかるみだろうが、
気にせず突っ走りましょう‼

避けて走っても、どうせ42.195㎞走ったあとは靴はドロドロです。

去年はゴールゲートまでのラスト数百mがズブズブの芝生の上を走りました。
(トップ画像は去年のゴールの様子です)

42㎞、どんだけ頑張って水たまりやぬかるみを避けて走っても、
最後には絶対に避けられないんです(笑)

なので、最初から水たまり、ぬかるみといった悪路を楽しんで走っちゃいましょう(^O^)/




これだけは気をつけたい低体温症の恐怖


万が一、当日雨が降った場合は、3時間以上かかって走るランナーの方々は、
低体温症に注意が必要です。

低体温症とは直腸の温度が35℃を下回ったときに起きる症状で、
条件によっては夏場でも起きます。

夏場でも直腸の温度が下がるのは、濡れた服を着ていることで、
身体の熱を奪われてしまうからです。

明日、2月14日の最高気温は19℃とこの時期にしては信じられないぐらいの温かさですが、
雨に濡れた状態で何時間も走ると、走っている間はまだよくても、ゴール後一気に体温が下がります。

熱を作るエネルギーはマラソンで消費してしまっているので、低体温症に非常になりやすいです。
私も昨年のレースで軽い低体温症になりました。

ゴール後すぐに少し厚着に着替えて、温かいものを食べたり飲んだりして、体温の回復に努めましょう。

レース中にも無理はせずに、「ヤバい」と感じたらすぐに棄権して、救護してもらいましょう。





対策すれば楽しいマラソンになる‼


「転ばぬ先の杖」、「備えあれば患いなし」などなど色んなことわざが示している通り、
対策さえすれば、例え雨のマラソンでも楽しいマラソンになるはずです。

もちろん晴れてくれるのが一番ですが(^_^;)

そうは言っても、もう天気は変えられないので、
存分に楽しむためにも、シッカリと準備して、寛平マラソンを走りましょう‼


それでは明日、よろしくお願いします!(^^)!






あなたの走フォームを改善する場がここにあります
ランニングスクール新規受講者募集中:詳細はこちらをクリック








IMG_6393.jpg


グルテンフリー&オーガニックフード
Runner's BAR CORRER
ランナーズバル・コレール

「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー&オーガニックフードのスペインバル。
全食物アレルギー対応など食のバリアフリー実現にも挑んでおります。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
skunk.roll@gmail.com

営業時間10時~22時
ランチタイム 10時~18時

木曜定休 日曜要予約
ホームページ


友だち追加数



ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!



当店の料理についてのブログはこちら


よしだ りょう
IMG_5937c.jpg
コレールオーナー/社会起業家/パーソナルトレーナー/文筆家/市民ランナー

1986年4月14日生まれ。
佛教大学社会福祉学部卒。
学生時代はアルトサックスを吹いていた音楽少年。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランニングなど走る世界にどっぷりつかる。
身体をさらに引き締めるために2015年夏、グルテンフリーを始める。
グルテンフリーを始めてから、自分がグルテン不耐症だったと気づく。
小麦粉が含まれている加工食品を食べない食生活により、汗の嫌な臭いまでなくなる。
汗の臭いがなくなったのは加工食品に含まれる食品添加物を食べなくなったからだと気づく。
オーガニックフードにこだわり始め、食の大切さに加え「人間の身体は食べた物でできている」と痛感する。
外食をした時に何も食べられるものがなく、社会から取り残されたショックを味わう。
社会福祉、ランニング、グルテンフリー、オーガニックフードをひっくるめた事業を起こそうと、
2016年3月、ランナーズバル・コレールをならまちにオープンさせた。

【よしだ りょうは、食べると走るを通して、より豊かなライフスタイルを提供しています】
・人と人とがつながりを持ち、相互に助け合い、高め合っていける場所創り。
・誰もが当り前に食事をできる場所創り。
・その人自身の心と身体を知る機会と場所創り。
・健康的なライフスタイルを実現できる場所創り。




スポンサードリンク















関連記事
スポンサーサイト
Category: マラソン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する