【名古屋シティマラソン】ハーフマラソンで90分切り‼勝因はやっぱり・・・?

IMG_6189.jpg
行ってきました!名古屋シティマラソン!(^^)!
5月に開かれたナイキバーチャルレースから10か月。
待ちに待ったレースでした。

11月の都祁高原マラソンでは苦い思いをしたハーフマラソン。
90分切りのリベンジに燃えていたのですが、なんとか目標達成できました。

今回達成できた勝因を、レースレビューも兼ねて探っていきたいと思います。





決戦前日


IMG_6131.jpg
前日の3月12日。
奈良から名古屋へと愛車のフォレスター君で移動して、辿り着いたらもう16時半。
颯爽と受付に向かいました。

地下鉄のナゴヤドーム前矢田駅を降りると、もう名古屋ウィメンズの空気がムンムンに漂っていました。
初めましてのナゴヤドーム。
なかなか雄大な姿。
シティの受付は手前のスポーツセンターで。
めっちゃガラガラで、すんなりと受付完了。

10RUN会のメンバーとの前夜祭の時間が迫っていたので、
EXPOには寄らずに待ち合わせのお店へ。
毎度のことながらEXPOには縁がない(笑)。
(縮小傾向のEXPOもなんか新しいアイディアが必要な時期なのかもしれませんね)

久しぶりに顔合わせるメンバーに、これまたこの日初めましてのメンバー「ジュンジュンさん」。
スーツをビシッと着ていて、物凄くカッコイイ紳士でした。
そして、話がまた面白い!

チームのメンバーに今回、出走権を勝ち取れたお礼をちゃんとはできませんでしたが、
お伝えして、楽しい時間はすぐにお終い。


女性陣は(男性陣は僕とジュンジュンさんの2人)翌日フルマラソンのため、
あまり引きずらず、僕も騒がしい子ども連れだったので、早々と退散。
IMG_6132.jpg
でも、シューズ円陣だけは欠かさず行い、明日の健闘を祈りました。


ホテルに戻って、栄界隈で少し名古屋メシを食らって、明日の準備を少しだけして眠りにつきました。






緊張感高まるお祭りムード


IMG_6152.jpg
名古屋シティマラソンは、ウィメンズマラソンのスタート9時10分から遅れること1時間10分後の、
10時20分のスタート。
おかげで結構ゆっくりとした朝を迎えられました。

朝の栄は、夜の余韻を少し残しながらも静かな落ち着いた雰囲気があって、
ビッグイベントの始まりを待っているようでした。

そんな街並みに、きりっと冷えた朝の空気に少しだけ緊張感が高まりました。

IMG_6162.jpg
激混みの地下鉄に乗って名古屋ドームへ。
ウィメンズランナー達が整列を始めていて、
この中のどこかにいるチームのメンバーたちに心の中でエールを送って、
自分の準備へと向かいました。

いつも通りレースの服装で会場入りした僕はバックパックに荷物を詰め込んで、
荷物を預けて、ウィメンズのスタートをドーム内で待つことに。
9時ギリギリには荷物預けへと向かう列は物凄い混雑に。
荷物預けやトイレは早めの行動をおススメします。
ストレスも疲労の原因。
レースに少なからずとも影響するかと思いますので。

ジュンジュンさんが荷物預けトラックの横にいると連絡があって、
人混みが落ち着いてから移動することに。

ジュンジュンさんに再会すると、なんとそこには「殿」が!
Twitterで密かに憧れていた自称アスリート大名の「殿」は、
スゴイおかたで、表彰台にも上がってしまうようなスピードの持ち主です。
(殿って誰やねん?状態のかたはTwitterを始めてみてください)
シューズ円陣名古屋シティ

記念撮影なんかをお願いしながら、シューズ円陣もばっちりかまして、
準備万端!

シティマラソンの整列開始は9時40分から。
待機場所がドームのスタンドだったんで、
移動のアナウンスとか誘導があるのかと思っていたら、なんのその。
時間になったら荷物預けトラックの横から我先にの場所取り合戦でした(笑)
悠長なこと言ってるロマンチストではこの先、生きていけぬよということです。

多分、申告タイムは同じぐらいだとは思うんですが、
殿のスタート位置はPグループで、僕とジュンジュンさんはOグループという、
シティマラソン最前列でのスタートでした。

バーチャルレース入賞者ということで、優遇されたのかな?
なんて言いながら、アスリートたちにまじって最前列に(;´∀`)

いやいや、本当にこんなとこにいてもいいのかな?なんて思いながらも、
あれよあれよとスタート位置まで。

IMG_6175.jpg

スタート1分前のアナウンスに周りも緊張感が高まり、
なんだか鼓動が速くなって、
ドキドキワクワク。

う~ん・・・この感じたまりませんね。

そして、静まりかえった最前列にスタートのピストルの音が鳴り響きました。





短いハーフと長いフルの違いとは?


ランナーアップデートによればスタートロスは僅か3秒。
周りは自分よりも速いランナーだらけで、混雑もなし。
最高のスタート。

周りにつられて、いつもの悪い癖もあっていつも通り飛ばし気味(笑)。

呼吸の苦しさと心臓の拍動の落ち着きがマッチングしてきて、
徐々にペースも巡行モードに。

ロング走をしていない不安があったけれども、調子は良さそう。

なんとなくだけど、このまま維持して走れる気がした滑り出しでした。
(いつもそう思って後半死んでますけどね・・・。)

でも、今回はフルとは違ってハーフマラソン。
距離は21.0975㎞しかないんです。

あっという間に終わってしまう。
そんなレースです。

初めの5㎞を通過して、あと16㎞か・・・。
次の10㎞を通過すると、もう半分しかないやん!!ってなります。

あっという間に終わってしまうハーフとフルの違いは、
走るペースと「30㎞の壁」の有無です。

「30㎞の壁」のないハーフマラソンでは、身体の中にある糖質を使い切ることはありません。
そして、距離が短い分、ペースも上げて走れます。

ペースを上げて走るとどうなるかというと、
有酸素運動から無酸素運動の割合が高まっていくわけです。

無酸素性作業閾値あたりのペースで走るハーフマラソンは、
心肺の負担がフルマラソンよりも大きくなります。

つまり苦しいところでどれだけ我慢して走り続けられるか?
心臓をフルに動かして、肺にできる限りたくさんの酸素を取り込んで、
できる限り多くの血流をできる限り速く送り続ける。
でも、オールアウト(完全にバテること)しないところでセーブする。
そんな勝負ですね。



達成した90分切り‼レース後のダメージに特徴が


11月の都祁高原では見事に苦しいところで維持できずに撃沈しましたが、
今回はコースがフラット。

落ち着いてペースを維持できれば、苦しいところで我慢し続けられるはず‼

キロ4分数秒のペースで刻みながらも、少しづつペースが落ちてしまいましたが、
最後までガクンと落ちることなく走り続けられました。

ラスト5㎞あたりからは(もっと前かな?)ずっと「ハァハァ、ハァハァ」言ってて、
横を走るウィメンズランナーのお姉さま方に「なんだこいつ?うるせぇな」と思われながらも、
気持ちで堪え続けました(;'∀')

後半の失速に不安がありながらも、このまま維持しよう!
ラスト3㎞ぐらいからは上げていこう!
あれ?苦しいのにペース上がってない。
ヤバい‼もう1㎞しかない‼
ウリャー‼って感じでゴール(笑)

結果は1時間26分14秒(ランナーズアップデートの参考タイム)!
やっと、90分切りができました。

目標を達成できた気持ちよさを味わいながら、ゆっくりと手荷物を受け取りに向かいます。

ゴールすぐではまだわかりませんでしたが、
時間が経つにつれて徐々に左脚のダメージが大きくなってきました。

右脚よりも左脚にダメージが。

金曜日にスペシャルなおじさんにツボを押してもらったんですが、
その押してもらったツボが左脚が使えるようになるツボでした。

今までちゃんと使えていなかった左脚を使った結果、
右脚よりも左脚の方がダメージが大きいのかな?なんて思っています。

謎のオッちゃん、本間にありがとうございます‼

これからもっと速く走れるようになるような気がします。
ちゃんと練習すればの話ですけど(^▽^;)





素敵な街「NAGOYA」


開会の挨拶?に現れた市長は完全に居酒屋にいるオッちゃんでしたが、
いやいや名古屋ってめちゃくちゃ素晴らしい街です。

規模の大きい栄・錦の繁華街に、今では名古屋駅周辺の方が活気があるとか。

世界の山ちゃんは無数にありますし、文句なしです‼

奈良県という田舎から乗り込んだ僕を温かく迎え入れてくれて、
ハイタッチや声援を送ってくれたフォロワーのみなさん。
沿道で見ず知らずの僕にエールを送ってくれた方々。
打上げにまで参加させてもらい本当に満喫できた2日間でした。

「また名古屋に来たい!」
そう思わせてくれた名古屋の方々、本当にありがとうございました(^_^)





あなたの走フォームを改善する場がここにあります
ランニングスクール新規受講者募集中:詳細はこちらをクリック








IMG_6393.jpg


グルテンフリー&オーガニックフード
Runner's BAR CORRER
ランナーズバル・コレール

「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー&オーガニックフードのスペインバル。
全食物アレルギー対応など食のバリアフリー実現にも挑んでおります。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
skunk.roll@gmail.com

営業時間10時~22時
ランチタイム 10時~18時

木曜定休 日曜要予約
ホームページ


友だち追加数



ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!



当店の料理についてのブログはこちら


よしだ りょう
IMG_5937c.jpg
コレールオーナー/社会起業家/パーソナルトレーナー/文筆家/市民ランナー

1986年4月14日生まれ。
佛教大学社会福祉学部卒。
学生時代はアルトサックスを吹いていた音楽少年。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランニングなど走る世界にどっぷりつかる。
身体をさらに引き締めるために2015年夏、グルテンフリーを始める。
グルテンフリーを始めてから、自分がグルテン不耐症だったと気づく。
小麦粉が含まれている加工食品を食べない食生活により、汗の嫌な臭いまでなくなる。
汗の臭いがなくなったのは加工食品に含まれる食品添加物を食べなくなったからだと気づく。
オーガニックフードにこだわり始め、食の大切さに加え「人間の身体は食べた物でできている」と痛感する。
外食をした時に何も食べられるものがなく、社会から取り残されたショックを味わう。
社会福祉、ランニング、グルテンフリー、オーガニックフードをひっくるめた事業を起こそうと、
2016年3月、ランナーズバル・コレールをならまちにオープンさせた。

【よしだ りょうは、食べると走るを通して、より豊かなライフスタイルを提供しています】
・人と人とがつながりを持ち、相互に助け合い、高め合っていける場所創り。
・誰もが当り前に食事をできる場所創り。
・その人自身の心と身体を知る機会と場所創り。
・健康的なライフスタイルを実現できる場所創り。




スポンサードリンク















関連記事
スポンサーサイト
Theme: マラソン | Genre: スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する