スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小辺路トレイルランニング】―無泊・荒天・ナイトトレイル―【出発の地への旅】①

IMG_8090.jpg

小辺路 全記録

6月22日22時スタート
6月23日14時30分ゴール

総走行距離:約67㎞

獲得標高:4500m

総移動時間:16時間30分

こけた回数:4回

滑った回数:数えきれないくらい(笑)

食べたもの
IMG_7933.jpg
米粉のポップオーバー(オリーブジャム入り)12個/玄米オニギリ(しそ・ゴマ入り)2個
バナナ2本/トルティージャ(スペイン風オムレツ)
NINJAENERGY/STINGER Organic Energy GEL/ワスプ・低GIアップルハニー
STINGER Gluten Free Organic Salted Caramel Waffle/ほうじ茶ソフトクリーム
飴と無智(黒糖塩飴)4個/フロールデサル(天然結晶海塩)数グラム


飲んだもの
エビアン 500ml/ソランデカブラス 1000ml
奥大山の天然水 1650ml/いろはす 1110ml
三十丁の水(湧水) 500ml
(全てミネラルウォーター)

装備品
シューズ:montrailカルドラド

バックパック:サロモン AGILE17

ウェア:asicsランニングシャツ/adidasランニング短パン/ラッシュガード/五本指ソックス/ランニングキャップ

レインウェア:onyoneメンズブレステックレインスーツ

ヘッデン:GENTOS HEAD WARS(200ルーメン)/LED LENSER(予備)


その他持ち物
現金/着替え/スポーツタオル*2/雪駄

使用マップ:世界遺産登山マップ・熊野参詣道小辺路
高野山~大股PDF地図 16.8㎞
大股~三浦口PDF地図 15.9㎞
三浦口~十津川温泉PDF地図 19.2㎞
十津川温泉~八木尾PDF地図 10.4㎞
八木尾~熊野本宮大社PDF地図 4.6㎞

参考ブログ・サイト
うさぎとかめ-のんびりアウトドアライフ-
まっつんパパの爆走”お外遊び‼
ヤマレコ


必要と思ったもの
緊急時用のロープとロープワークの知識/コンパス/エイドセット/テーピング

同行者
チェルさん&マコヤン

スペシャルサンクス
今ちゃん/大ちゃん/写真を撮ってくれた方々/SNSで応援してくれたみなさん






【高野山~大股】22:00-00:45の巻


今ちゃんにて


IMG_8092.jpg
(スタート前まだ元気な3人)

南海橋本駅でチェルさんと合流し、21:45高野山駅に到着。
そこからバスでマコヤンとの合流ポイントへ向かいました。
小辺路のスタート地点は高野山・千手院橋ですが、
その2つ手前のバス停・浪切不動前バス停前にある居酒屋「今ちゃん」でマコヤンが待ってくれてました。

「今ちゃん」には昨年の180町石道トレイルレースでお世話になった、
大ちゃんも応援に来てもらっていて、「気を付けや」と忠告ももらいました。

というのも、ここ最近ずーっと山内放送で「熊出没」の警告がひきりなしにあるということで、
「危ない」と大ちゃんからも今ちゃんからも心配されていて、
僕もかなり不安に・・・。

なんせ今年は熊の事件が相次いだので。
もちろん紀伊半島にいる熊は、東北で人を食べた個体とは違うのですが、
熊の生息域に踏み入るわけですから、安全ではありません。
熊は夜行性なので夜は最も危険。
ただ基本的にツキノワグマは人を避ける動物なので、
存在を察知してくれれば遠ざかっていってくれるんですが、
いきなり鉢合わせになったら彼らも身を守るために目の前の敵(この場合は僕)を倒しにかかるわけです。

「こんな雨の日に俺やったらいかんけどな」と大ちゃん。
うん。自分独りやったら絶対に中止にしていると僕も思いました。
「本間に気いつけや」と2人から心配されながらも、
熱い応援ももらって僕たちは雨の降る夜の高野山の街に出ていきました。



千手院橋からいよいよ小辺路に突入


IMG_7959.jpg

思ったよりも雨は小雨で、あまり気にはならないぐらい。
千手院橋の郵便局を過ぎたところを曲がると小辺路入口の看板が。
暗くて見逃しかけましたが(^▽^;)

いよいよ始まるのかとかなりドキドキ。
この先どうなるんやろと不安もありながら、ワクワクもしてくる感じでした。

まず目指すは大股。
1高野山―大股_01
大股までの距離は16.8㎞。

世界遺産登山マップ・熊野参詣道小辺路はすごく見やすく作ってくれていて、
地図読みのできない人でも小辺路は問題なく行けます。
小辺路は世界遺産にも指定されているので、道標とかの整備もしっかりされているので。

マップは5つのセクションに小辺路を小分けしていて、
セクション毎に時間と距離を区切って書いてくれています。

峠のピークと越えたところの要所要所で休憩をはさみながら、
登り・下りを集中してアタックしていく、そんな山行でした。

IMG_7961.jpg
辺りは真っ暗。
街を抜けて、いよいよ山の中へ。

森に入ってしばらくはかなり緊張していて、もし熊がいたらいち早く気づけるようにと、
辺りをかなり警戒していました。

ヘッデンであたりを照らすと遠くの方で光る眼が。
なんの動物かはわかりませんでしたが、とにかく熊にだけは遭わないようにと願いながら、
チリンチリン、カランカランと鈴を鳴らして進んでいきました。



初めは登ることも下ることもなく、ほぼフラットな轍が2本ある車も通れるダブルトラックの道。
ただ、前日の朝にも大雨が紀伊半島一帯で降っていて、ぬかるみも水たまりもありまくり。
ぬかるみや水たまりを避けて、轍のない真ん中を走ると、
雨で濡れた伸びきった雑草で結局シューズはビショビショ(笑)

真っ暗なので、先ばかりを照らして見ていると、気づかずにジャブっと深い水たまりにはまることも。

しかし、いつも通り走りだしは身体が重い。

レースの時は軽いのに・・・やはりアドレナリンの違いでしょうか?
天候やトレイル自体のコンディションもさることながら、
自分自身のコンディションもそれほどイイこともないので、
レースみたいにはいかないのは当然といえば当然。
高野山に着くまでもう少し寝たかったのですが、電車では全く寝れず。
結局営業終わってから家で寝た40分の貯金だけ。

でも、それも今さら。
本当はスタート前にどこかでホットコーヒーを飲みたかったけど、結局飲めず。
でも、カフェインの力を借りずとも意外と眠気はなく交感神経優勢な状態でした。

ダブルトラックにそって走っていると目の前に飛び込んできた看板が、
「この道は小辺路ではありません!」

えっ!?
Uターンして、50mほど戻ってから右に曲がれと書いてありました。
確かに横に道はあったけど、道標なかったぞって思ったら、
ちゃんとありました_(._.)_

ヘッデンが照らしているところしか見えないので、完全に見落としていました。
ナイス警告看板‼

で、ここが薄峠。
ダブルトラックの比較的に走りやすい道からそれると、ガラッとトレイルの様子が変わりました。

ここからはまさに山道。
車の入れない道を進みます。

まだまだ元気な僕らは下りはたたーっと走っていきます。
でも、暗くて視界が悪いのと熊が怖いのでスピードは控えめで。

尾根を走るのとは違って、谷を下っていくのは結構怖かったです。
どんどん闇も森も深くなっていくので、そこのカーブを曲がったところに熊がいたら~(;゚Д゚)
なんてずーっと考えていました。

谷を下り切ると赤い鉄橋が突然現れて、その橋を渡るとここからはとてもじゃないけど走れないような急坂。
走って無駄に体力消耗するのも馬鹿なので、もちろんここは歩く。
その後も広い舗装された車道を進みました。

レインウェアを着ているせいでかなり暑い。
まだ雨脚も弱いので一度上だけ脱いで開放されました。

レインウェアを着ているせいか、汗もかなりかいて、
喉の渇きも物凄く早かったです。
走り出す前から飲んでいたエビアンはこの辺りで空に。
ソランデカブラスを飲み始めていました。

スタート時点で持っていた水はソランデカブラス500ml*2と飲みかけのエビアン。
水は生命線なのでなるべく残しておきたいけど、喉が乾くとどうしようもない。
大丈夫かな?と早くもちょっと不安に(´・ω・)

舗装路の坂を登りきると大滝集落という小さな村に入りました。
ここには東屋もトイレもあって休憩可能です。
僕たちはそそっと通過。
他人の家の敷地なんじゃないの?みたいなところを抜けて、再び山道へ。


ロード区間・高野龍神スカイライン



トレイルと高野龍神スカイラインの合流地点。
左側の坂道が高野山へ続く小辺路のトレイル


この山道を抜けると高野龍神スカイラインに合流。
水が峰分岐までの1.7㎞のロード。
トレランシューズはロードシューズと違って、やっぱりロードは走り辛い。

片足300g越えの厚底。
当たり前だけどロード用のシューズとは全然違う。
ロード走るのしんどーい‼といった感じ。

スカイラインでは車に注意~とか思っていたけど、
流石に平日の真夜中にこんなところを走る車は皆無(笑)。
もし通る車がいたら、ドライバーは相当ビックリすることになっただろうなと思う。


(水が峰分岐)

スカイラインを走った後は、水が峰分岐から林道タイノ原線へ。
整備・舗装された林道を走りながら、
たまに現れるトレイルへの入り口の道標を見逃さないようにして、
小辺路を辿っていきます。


大股到着!


林道とトレイルを出たり入ったりしながらひたすら下っていくと、
大股バス停に到着‼
IMG_7962.jpg

到着時刻は00:45頃。
IMG_7965.jpg

真っ暗でどうなってるかわかりませんが、
Googleストリートビューで見るとこんな感じの場所でした。
大股へ
バス停側から振り返った画です。
矢印方向が進行方向


やったー!!
大股に辿り着いたー!!と、とりあえず森を抜けてきて一安心。
ここでしばし休憩。

おっ!
あれは自販機の灯り!
光に群がる虫と同じように自販機の光に吸い寄せられました。
自販機横にはトイレもあります。


ここで奥大山の天然水550mlを2本購入。
1本は休憩中にほとんど飲んでしまいました(笑)

雨をしのげる場所がここぐらい。


ここで米粉のポップオーバーを2つぐらい食べておきました。
NINJAENERGYも飲んだのもここだったかな?
まま、イケルお味で飲みやすいタイプのジェルでした。

ここまで16.8㎞を約2時間30分程度で走ってこれました。
熊野本宮大社到着目標時間が14時半なので、
これはまずまずなタイム。
ちょっと時間的な余裕も生まれました。

あまり止まっていると身体も冷えてくるので、次の伯母子峠へと走りだすことに。
標高1246m。
小辺路の最高点へ向かいます。



つづく。







応援の1クリックお願いします(。-`ω-)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。とても励みになっています。


Twitterでは日々の出来事をつぶやいております。
フォローして頂ければ感激です。気軽に絡んでください!(^^)!




スポンサードリンク




ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!






P.P.S
runnersbarcorrer手書き
私NOPEですが、2016年3月より奈良市にて、
全ての走る人に向けたスペインバル「ランナーズバルコレール」を営業しております。
グルテンフリー・オーガニックフードとランニングイベントによる、
健康的なライフスタイルを提供しておりますので、
奈良に遊びに来られた際には、是非とも寄ってみてください(^_^)


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp
Runner's BAR CORRERブログ

Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード

関連記事
スポンサーサイト
Category: トレラン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。