スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小辺路トレイルランニング】―荒天・ナイトトレイル・夜明け―【出発の地への旅】②

IMG_8090.jpg

小辺路 全記録

6月22日22時スタート
6月23日14時30分ゴール

総走行距離:約67㎞

獲得標高:4500m

総移動時間:16時間30分

こけた回数:4回

滑った回数:数えきれないくらい(笑)

食べたもの
IMG_7933.jpg
米粉のポップオーバー(オリーブジャム入り)12個/玄米オニギリ(しそ・ゴマ入り)2個
バナナ2本/トルティージャ(スペイン風オムレツ)
NINJAENERGY/STINGER Organic Energy GEL/ワスプ・低GIアップルハニー
STINGER Gluten Free Organic Salted Caramel Waffle/ほうじ茶ソフトクリーム
飴と無智(黒糖塩飴)4個/フロールデサル(天然結晶海塩)数グラム


飲んだもの
エビアン 500ml/ソランデカブラス 1000ml
奥大山の天然水 1650ml/いろはす 1110ml
三十丁の水(湧水) 500ml
(全てミネラルウォーター)

装備品
シューズ:montrailカルドラド

バックパック:サロモン AGILE17

ウェア:asicsランニングシャツ/adidasランニング短パン/ラッシュガード/五本指ソックス/ランニングキャップ

レインウェア:onyoneメンズブレステックレインスーツ

ヘッデン:GENTOS HEAD WARS(200ルーメン)/LED LENSER(予備)


その他持ち物
現金/着替え/スポーツタオル*2/雪駄

使用マップ:世界遺産登山マップ・熊野参詣道小辺路
高野山~大股PDF地図 16.8㎞
大股~三浦口PDF地図 15.9㎞
三浦口~十津川温泉PDF地図 19.2㎞
十津川温泉~八木尾PDF地図 10.4㎞
八木尾~熊野本宮大社PDF地図 4.6㎞

参考ブログ・サイト
うさぎとかめ-のんびりアウトドアライフ-
まっつんパパの爆走”お外遊び‼
ヤマレコ


必要と思ったもの
緊急時用のロープとロープワークの知識/コンパス/エイドセット/テーピング

同行者
チェルさん&マコヤン

スペシャルサンクス
今ちゃん/大ちゃん/写真を撮ってくれた方々/SNSで応援してくれたみなさん






【大股~三浦口】00:45-04:30の巻
2大股―三浦口_01





口笛吹いていこうよ♪伯母子峠


大股での休息を終えて、さて、そろそろ出発。
しかし、道標らしき道標がない。

IMG_7966.jpg

デカデカとあるこの看板を見て、川に沿うようにしてアスファルトの道を進んでいくとすぐに登り坂。
淡々と坂を登っていくと、林道タイノ原線の表示が。

あれ?やっぱりこれ違うんじゃない?と思って、
雨に濡れてよくわからないことになったマップを見ても、
もちろんよくわからないので、iPhoneに落としておいたPDFを開いてみると、やっぱり。

橋を渡って、川の向こう側に見える真黒な山。
あれが伯母子岳やー!と来た道を引き返すことに。

引き返した場所からみた伯母子峠

ちょっとだけロスしちゃいましたが、早目に気づけてよかったです。


僕らは間違えて橋を渡らずにここを右に進んでしまいました(;'∀')

正しい道へ戻ろうとすると、
ヘッデンの灯りのせいか、熊鈴の音のせいか、
犬が物凄い勢いで吠えまくりでした。

お休みの方々、ごめんなさい。

登山口に入るとまぁまぁ急な登り坂。
ひたすらつづら折れが続きました。

山に入ったから、熊除けのために鈴を鳴らそうと思ってぶら下げていた所を触ると、
あれ?
おかしい。
ない!なくなってる!

鞍馬の鈴がなくなってました(;゚Д゚)

あー。
これはなんか嫌な感じがするな~・・・。

絶対に熊だけには出遭ってはならないという強い気持ちから、
僕がとった手段が「口笛」♪

思いつく曲を吹きまくってました(笑)
スターウォーズのテーマとかジブリとかアルヴァマ―序曲とか、その他色々。

吹いていると結構楽しいんだけど、伯母子峠を登るつづら折れの坂道で息が上がって、
吹き続けるのが大変・・・。

先は真っ暗で見えないし、雨は降ってるし、いつまで登るんやろ~( ;´Д`)
平坦な道が出てくることもなく、へぇーへぇー言いながらひたすら歩いて登る。

大股から1.8㎞登って萱小屋跡に到着。
標高は約1000m。
萱小屋ではないが小屋が建っていて、なにやら案内の看板も立っているけど、
ゆっくり読んでいる余裕もないのでサラッとスルー。

桧峠までまだ登りは続き、そこまで来ると登りも一旦落ち着いてくれました。

登りも落ち着くと、走れるところはなるべく走って移動したい。
それで、走りだすと大体ガスってくる。
ガスってくると目の前が真っ白で、危なくて走れない。
ヘッデンの灯りが水蒸気に乱反射して視界が3mもない時も。

晴れてくるとまた走って、登りになると歩いて、ガスってくるとまた歩いて。

ひたすらそんな繰り返し。

さらに雨のおかげで夜のトレイルは賑やか。
でっかいヒキガエルから小さなカエルまでピョンピョコ跳ね回っていて、
でっかいヒキガエルはかなり根性が座っているのか微動だにしない奴も。
ど真ん中に居座り続け、僕たちを何度か驚かせてくれました(笑)

さらにはミミズが踊り狂っていて、暗闇からいきなりヘッデンに照らされた、
踊り狂ったミミズが現れると、
ビクっ!!ってなって、
後ろを走る人から「うわっ!!」みたいな声が上がると、
何事かと心臓が止まる思いを幾度かしました(笑)

そんな賑やかなトレイルを走っていると、
伯母子岳への分岐が突然視界に飛び込んできます。

小辺路出発前には、余裕があれば伯母子岳の山頂によろう!
とチェルさんと話していましたが、
ガスっているし、雨だし、夜だし、ここは華麗にスルーして先を急ぎました。








伯母子峠に佇む優しさの塊へ
IMG_7969.jpg

伯母子岳のピークをスルーして、小辺路の正規ルートを進むと、
間もなくヘッデンに照らされて山小屋の姿が浮かび上がってきました。

「おぉ~」
着いた、着いた。
なかなかしっかりした山小屋。

天井もあれば、壁もある。
雨風しのげるってなんて素晴らしいんだろう。と山小屋に感謝。

びしょ濡れの3人は転がり込むように山小屋に。

もちろん中は真っ暗。
ここでもヘッデンのライトだけが頼り。

ヘッデンの替えの電池をバックパックに入れなければ、入れなければと思いつつ、
結局忘れていた僕は電池節約のために、
World Runでもらった予備のヘッデンに切り替えて中を照らしていました。

ふー。
しかし、冷たい。
やっぱりレインウェアはゴアテックスクラスじゃないと役に立たないですね・・・。

とりあえず濡れた上着を脱いで、シャツを触るとビショビショ(笑)。
でも、替えなんて当然持ってきてないので、タオルで少しふいて後は放置。

ポップオーバーを2個ほど食べて、バックパックの中を整理。

山小屋の中は、十分に寝泊まりができる状態。
(もちろん無人の山小屋レベルでの話です)
毛布や水なんかが置いてあって、
湧水をくみ取れる場所が貼り紙してあって、
神棚もありました。

大人でも詰めれば10人ぐらいは横になれるんじゃないかな?と思います。

まさにこれは伯母子峠に佇む優しさの塊です。
熊に出会うかもという脅威から、少し解放され、
雨風からも免れられるなんて。

あぁ~。
ここにずっといたい。

なんて思いながら、天井を打ち付ける雨の音を聞いてました。

この後、いつぐらいまで雨は降り続けるのか。
文明から隔絶された山の中。
携帯の電波は入らず、天気予報は見れません。

まぁ、杞憂していても仕方がない。
「今、それほど強く降っていないのでそろそろいきましょか」と、
チェルさんから出発のコール。

止まっていても身体が冷えるだけ。
一度脱いだレインウェアをまた着ると、とても冷たい。
天井と壁のある優しさの塊から、不愛想な扉を開けて、
再び雨降る暗闇の山の中へ。





落石ゴロゴロの恐怖


山小屋を出ると、マコヤンがレインウェアの上に、
さらに白いポンチョのようなものを着ました。

その白いポンチョの裾がヒラヒラしているので、
まるでお化け。

見知らぬ人がいきなり目撃したら、腰抜かしちゃいますよ、と忠告。
人と出会うわけもないですが(^_^;)

こんな日に山の中で人と出会ったら、
それだけで十分お化けかと思っちゃいますね・・・。

お化けや熊以外にも山には恐怖が潜んでいます。
尾根道を走っている時は上から落ちてくるものには特に注意が必要ありません。
ですが、斜面を横切るようにトレイルがあると、
雨が降ればそこはもう道じゃなくなっていたりします。

雨水は川となって、落枝や大小さまざまな石と一緒にトレイルに押し寄せて、
道をふさいでいました。
崩壊はしていませんでしたが、安全を考えてそういった場所はスピードを落として進みます。

この数日で雨が猛烈に降った日もあったので、そんな場所がいくつもあります。

熊よりも恐ろしかったのが土砂崩れや落石。
熊と出会ってあーだこーだではなく、一瞬で飲み込まれてしまう、
あっと言う間に、なんの抗いようもなく終わってしまうのが土砂崩れや落石です。

バシャバシャと水が流れ込んできていて、いつ崩壊してもおかしくないだろうなと思いました。

過去に崩落している場所もあって、そんなところは慎重に歩いて渡ります。

そんな中、比較的安全な場所を走っていると、
谷側に着いた左足が石を踏んでしまってこけちゃいました。

山で初めてこけました。
滑落するかと思って、怖かったです。
ちょっと痛かったです。

もう二度とこけるかー!と思っていたら、次は太い枝が足にからまってこけました(笑)

今、昼間の写真を見ると、よくこんなところを雨降る夜間に走ってきたなと思います。






熊野古道といえば石畳


三浦口目指して、下り基調の道は続きます。
よくこんなところでお茶屋を営んでいたなと思う水が元茶屋跡を過ぎると、
出ました「石畳」。

これから熊野本宮大社に着くまで、かなり3人をイジメまくる石畳です。

良く晴れて、路面が乾いている日でも要注意な石畳。
雨だと至極当然ですが、ツルツル滑ります。
この時は半分川みたいになっていたので(笑)

滑って尻餅ならまだいいですが、頭を打つとそりゃ大変です。
痛いです。

だから、ここは慎重に!といっても滑るときは滑っちゃいます。

下りでスピード出して距離を稼ぎたいところですが、
もうめちゃくちゃゆっくり。

それでもツルツル滑ってました(^▽^;)





夜明け


ただ朝がやってくると早いもので、今までの真っ暗闇が嘘のように、
空が白んできて、辺りの見通しがきき始めました。

夜が明けるとやはりちょっとだけ安心。
熊と遭遇する可能性がかなり下がります。

夜の間には、何度か遠くで光る動物の眼を見つけていて、
正体が確認できたのは雌鹿の1頭のみ。
その鹿もこっちに気づくと颯爽と森の奥深くに走り去っていきました。
奴らはなんで真っ暗でも見えるんですかね。
動物スゴイ。

何はともあれ、夜は越えた~と一安心。

樹々の隙間から、下を流れる神納川が見え、三浦口までもうすぐそことわかりました。
つづら折れの下り坂を駆け下りて、久しぶりにアスファルトに。

なんだかんだで山を下りると安心感があります。

画像右側が下りてきた山道です。
最後の階段手前で野兎を見ました。

『自動販売機1㎞先』の案内看板が!
なんだかこれを見るだけでも安心感(笑)

『三浦峠登山口あと1㎞』の案内看板も!
やっと1つ目の峠を越えたに過ぎない僕たちは、
1㎞先の三浦峠登山口まで足を進めることに。





つづく。


応援の1クリックお願いします(。-`ω-)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。とても励みになっています。


Twitterでは日々の出来事をつぶやいております。
フォローして頂ければ感激です。気軽に絡んでください!(^^)!




スポンサードリンク




ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!






P.P.S
runnersbarcorrer手書き
私NOPEですが、2016年3月より奈良市にて、
全ての走る人に向けたスペインバル「ランナーズバルコレール」を営業しております。
グルテンフリー・オーガニックフードとランニングイベントによる、
健康的なライフスタイルを提供しておりますので、
奈良に遊びに来られた際には、是非とも寄ってみてください(^_^)


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp
Runner's BAR CORRERブログ

Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード

関連記事
スポンサーサイト
Category: トレラン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。