スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小辺路トレイルランニング】―熊野・旅の終わり・生まれ変わり―【出発の地への旅】⑤

IMG_8090.jpg

小辺路 全記録

6月22日22時スタート
6月23日14時30分ゴール

総走行距離:約67㎞

獲得標高:4500m

総移動時間:16時間30分

こけた回数:4回

滑った回数:数えきれないくらい(笑)

食べたもの
IMG_7933.jpg
米粉のポップオーバー(オリーブジャム入り)12個/玄米オニギリ(しそ・ゴマ入り)2個
バナナ2本/トルティージャ(スペイン風オムレツ)
NINJAENERGY/STINGER Organic Energy GEL/ワスプ・低GIアップルハニー
STINGER Gluten Free Organic Salted Caramel Waffle/ほうじ茶ソフトクリーム
飴と無智(黒糖塩飴)4個/フロールデサル(天然結晶海塩)数グラム


飲んだもの
エビアン 500ml/ソランデカブラス 1000ml
奥大山の天然水 1650ml/いろはす 1110ml
三十丁の水(湧水) 500ml
(全てミネラルウォーター)

装備品
シューズ:montrailカルドラド

バックパック:サロモン AGILE17

ウェア:asicsランニングシャツ/adidasランニング短パン/ラッシュガード/五本指ソックス/ランニングキャップ

レインウェア:onyoneメンズブレステックレインスーツ

ヘッデン:GENTOS HEAD WARS(200ルーメン)/LED LENSER(予備)


その他持ち物
現金/着替え/スポーツタオル*2/雪駄

使用マップ:世界遺産登山マップ・熊野参詣道小辺路
高野山~大股PDF地図 16.8㎞
大股~三浦口PDF地図 15.9㎞
三浦口~十津川温泉PDF地図 19.2㎞
十津川温泉~八木尾PDF地図 10.4㎞
八木尾~熊野本宮大社PDF地図 4.6㎞

参考ブログ・サイト
うさぎとかめ-のんびりアウトドアライフ-
まっつんパパの爆走”お外遊び‼
ヤマレコ


必要と思ったもの
緊急時用のロープとロープワークの知識/コンパス/エイドセット/テーピング

同行者
チェルさん&マコヤン

スペシャルサンクス
今ちゃん/大ちゃん/写真を撮ってくれた方々/SNSで応援してくれたみなさん





【八木尾~熊野本宮】13:10~・・:・・の巻
5八木尾―熊野本宮_01


ロード to 熊野


無事に最後のトレイルを走り終えた僕たち3人。
あとはロードを行くのみ。

うん。
これはどうみてもほぼフラットなコース。
(すぐ上のマップ画像の高低表参照)
ほんの少し上がっているけど、所詮は取るに足らぬ坂道。

残すところたった4.6㎞。


小辺路の案内看板を見てみる。
IMG_8058.jpg
現在地を確認すると、本当によくこんな距離を移動してきたものだと驚きます。
高低表に眼をやると結構激しい凹凸。
苦労したもんな~とこれまでの道を振り返る。

ん?

ここから先はほぼフラットかと思っていたら、なんだかこれでみると山が割とあるように見える。
でも、「別に1000m級の峠を越えることはもうないんだから」とあまり気にもとめませんでした。


とにかく進もう!
少し歩いて進んだあと、マコヤンを先頭に走りだします。
ロードに強いというか、やはり女性の距離耐性の強さなのか、
まだまだ元気に見えるマコヤン。

一方、ロードの方が走っている距離・回数ともに多いのに、
舗装路ではなんだか脚が動いてくれない僕。

「もう無理~・・・」と心の中で叫んでました( ;´Д`)


IMG_8063.jpg
F1のモナコGP、モンテカルロ市街地コースのトンネルを彷彿とさせるところ。
モンテカルロでは最高速度がでる場所なだけにちょっとテンションがあがる。
別にここはモンテカルロでもないし、F1に乗っているわけでもないけど(笑)

写真を撮っている間にマコヤンもチェルさんもどんどん先に・・・。


IMG_8065.jpg
果無峠を振り返ってみる。
一番奥に見える稜線が果無山脈。

山は偉大だ。
自分のここまでの道程を思い返すと、山の大きさが改めてわかる。

この旅もあと僅かを残すばかり。
ルートを外れないように確認しながら前に進む。


おっ!
目に飛び込んできたのは、辺境のオアシス「道の駅」。
これは絶好のトイレチャンス!

ということで、最後のピットに転がり込みました。





悪魔のささやき道の駅


IMG_8067.jpg
用を足して、道の駅の中へ。

道の駅のオモテにはたくさんの幟が立っている。
「ほうじ茶ソフトクリーム」
なんだこれは?
抹茶アイスは有名だけど、ほうじ茶のアイスクリームは初耳。

どうやらマコヤンは、ほうじ茶ソフトに惹かれたようで、
早くも「食べる」という意思決定をしていた。

僕も食べたい気持ちがかなり沸いていたが、
乳製品をずっと断っていて、食べると腹痛が襲ってくる危険が。
でも、結局誘惑に負けて食べることに(笑)

今までずーっと山の中にいて、屋内に入るのは山小屋や公衆トイレ。
それがいきなり綺麗な建物の中に入ったものだから、
なんだかまったり。

ふ~・・・っと落ち着いている間にも刻々と時間は過ぎていく。

ダメだ!
ここにいてはマズイ!

もう少しで敵の術中にはまってしまうところで、なんとか道の駅を逃げ出し、
再び走り出しました。

熊野本宮はもうすぐそこ。
これはもはや心の中の合言葉。





なぜか見下ろす大鳥居



地図を見てみると道の駅から残り3.5㎞。
168号線を進めばたどり着けるイージーなコース。

ところがどっこい。

その道は小辺路ではありませんでした。
小辺路はそっちではなくこっち。
小辺路はこっち
平岩口というところから「登って」いくとあります。

これが最後の凸部分か・・・。

小辺路がそっちなら行くしかない。
アスファルトの坂道を登っていくと、またまた「小辺路はこっち」のサプライズ。

もうトレイルは終わったと思っていたら、
小辺路というか熊野古道は最後のトレイルをまだ隠し持っていたようです。

特に急な勾配というわけではありませんが、
未舗装路の坂道を登っていきます。

IMG_8069.jpg
すると突如として現れる「中辺路」の文字。

あれ?
小辺路を走っていたはずじゃ・・・。

頭に一度見た小辺路と中辺路の位置関係を思い浮かべます。
Map_Kumano_Kodo_(ja).png
この簡易な表記では全くわかりませんが、ここで中辺路と小辺路は合流していたんですね。

それもちゃんとマップに(めっちゃ小さく)書いてあるんですが、
この時点では気づいていませんでした。
もっと隅々まで見ておかないといけませんね。

IMG_8070.jpg
結果、道標が示す通りに進むのですが、
ここでちょっとルート確認。

このちょっと足止めをくらった場所はかつては関所だったようです。
ここ九鬼ヶ口関所では十文の通行税をとっていたといわれています。

写真を見ると関所の門を越えちゃってますが(笑)、
ここで少し足止めされたのも何か偶然ではないのかもしれません。

関所を無事通過して森の中を進んでいきます。

道には「熊らしきものが目撃されました」という看板。
「らしき」って・・・熊じゃなかったら、熊みたいなおっさんかな?なんて思いながら、
寄り道コースの展望台へ。

なにやら素晴らしい景色が見えるらしいです。

テンションも上がって階段を勢いよく登ってみると、

「うあー!!」

そこにはなんの変哲もない木と草が(笑)
だまされた気分を一度味わってからのこの展望。

IMG_8073.jpg
高さ34mの大鳥居が見えます。
あれが熊野本宮大社かな?
よく見るでっかい鳥居です。

結構遠くに見えて、本当にあとちょっとなの?と心配に・・・。

でも、視界にとらえたらそれはそれで気持ちも楽で、
気分も一気に乗ってきます。

展望台を後にして、「熊らしきもの目撃」の看板を尻目に、
もはや川と化した道を進みます。





出発の地


IMG_8076.jpg
14時30分。
本当に最後のトレイルを抜けると、すぐにゴールは待ち構えていてくれました。

さっきのでっかい鳥居ではなく、ここは普通サイズの鳥居。

鳥居をくぐって出てこられた老夫婦が、僕たちの出で立ちをみてちょっと驚き、
「どこから来たの?」と声をかけてきました。

「高野山から走ってきました」。
普通の感覚だと、「こいつらなんやねんw」な回答です(笑)

「へぇ~!!」と僕たちの答えにさらに驚き、感心されていました。
ですが、このご主人も若いころに高野山から小辺路を踏破されたそうで、
その時の思い出を少し語ってくれました。

鳥居をくぐっていくとそこに現れたのは本殿。

あれ?
さっきのでかい鳥居は?

なんだか裏口から入ってきてしまったみたいです。

参拝を後回しにして、表から入りなおすことに。
予定通りの到着だけど、あまり余裕はない。

表の鳥居まで颯爽と境内を抜けて進み、
シャッターをお願いして、記念撮影。
IMG_8079.jpg
やっとトップ画像に追い付きました。

本当に長い道のりでした。
雨の夜中に出発してからここまで、思い返せば色々とありましたが、
それもこの時の僕には全く頭の中になく、
ただ小辺路を無事に抜けて、この地に辿り着けた安堵感だけが心を満たしていました。

ただ、とにかくバスまでの時間があまりない。

ここまで来たのに、お参りしないわけにはいきません。
IMG_8085.jpg


急いで参拝を済ませて、あの大鳥居までダッシュ。
ただ時間がないので、大鳥居のある大斎原(おおゆのはら)までは行けず、
手前で記念撮影。
IMG_8087.jpg

ここからはバスに乗って、湯の峰温泉へ。
湯の峰温泉は源泉かけ流しで、蛇口からも温泉が出てきます。
温泉の川が流れてて、なんやったら川に入れば温泉に浸かれるんじゃないかと思います。
ただ、川の温泉に浸かりたい方は湯の峰温泉ではなく、川湯温泉へどうぞ。

最高の風呂で旅の疲れを癒し、やはり最後は乾杯!
IMG_8099.jpg


温泉卵も作れます。
IMG_8095.jpg



そして、旅の余韻に浸りながら、バスに揺られ家路に。






終わりと始まり-小辺路を終えて-


熊野本宮に参る。
それはそこからまた新たな始まりを意味する。
小辺路を走り、歩き、たどり着いた熊野本宮。
精神と五感を研ぎ澄まされた雨と暗闇の熊生息地のトレイル。
夜の雨を越えて、熊野に辿り着いた時には、見事な青空が僕たちを迎えてくれていました。
寄り道した展望台から大斎原の大鳥居を見た時、
天が僕たちを迎え入れてくれたんだと感じました。
小辺路を通して、自分の膿を吐き出していくかのような旅。
自分の弱い部分を乗り越えて、熊野本宮に辿り着いた自分は、
新たな自分。
それまでの自分は消え、甦りを神に告げて、またそこから走り出す。

環境問題だのなんだのでやり玉に挙げられるトレイルランニング。
山を歩く人も走る人も等しく自然の一部。
どちらもまずはおごりを捨てて、自然という神々しいものへの敬意と畏怖の念を忘れず、
山へ入るということはどういうことなのかを考えて欲しいと思います。
ただ単に楽しい!とか、気持ちいい!とか、それだけではなく、
自分と自然との関係を見つめなおす時間を少しでもとって頂きたいです。

時間と体力があれば、ぜひ小辺路を行ってみてください。
お誘い頂ければご一緒します。
なんの助けもできませんが・・・(笑)
無二の体験だけは約束します。


そして、今回の旅は絶対に自分独りでは成し得なかった旅でした。
チェルさんとマコヤンの2人がいてくれたからこそ、
熊野まで無事に生きて辿り着けました。
同行してくれたお2人には本当に心から感謝しています。
ありがとうございました。




最後まで読んで頂いた方々、本当にありがとうございます。
書き終わるまでに時間がかかり、申し訳なかったです。
またちょくちょく更新していきますので、
これからもよろしくお願いします。




それではまた。











応援の1クリックお願いします(。-`ω-)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。とても励みになっています。


Twitterでは日々の出来事をつぶやいております。
フォローして頂ければ感激です。気軽に絡んでください!(^^)!




スポンサードリンク




ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!






P.P.S
runnersbarcorrer手書き
私NOPEですが、2016年3月より奈良市にて、
全ての走る人に向けたスペインバル「ランナーズバルコレール」を営業しております。
グルテンフリー・オーガニックフードとランニングイベントによる、
健康的なライフスタイルを提供しておりますので、
奈良に遊びに来られた際には、是非とも寄ってみてください(^_^)


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp
Runner's BAR CORRERブログ

Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード

関連記事
スポンサーサイト
Category: トレラン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。