スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE Day ダイトレアタック【屯鶴峯→槇尾山】45㎞の軌跡 その②

IMG_9677.jpg

平石峠~岩橋山


平石峠に辿り着いて早速、ダイトレ名物階段を登っていく。
しばらくは再会したおっちゃんと一緒に階段を登る。

ダイトレは何度か走られているそうで、
今日は天見駅まで行くらしい。

我々が槇尾山まで行くと伝えると、
「いや~凄いね~」と感心されていたが、
いやいや、おっちゃん。
あなたも変わらないぐらいに十分凄いですよ。

「レベルの合った3人で走れるっていいですね」と、
おっちゃんは言ってくれた。
そして、この人なかなか軽快な登りをされて、ペースが全く落ちない。

「やっぱ、おっちゃんスゴイやん」
心の中でそう呟いた。

平石峠の最高点は473m。
ここから岩橋山の658mまで登る。

これはとてもじゃないけど、走れたもんじゃない。
歩いて登るのが精一杯。

歩いて登っても、なるべく速く登るようには頑張る。

08:45
二上山から1時間と9分。
ようやく岩橋山に到着。






岩橋山~大和葛城山


まるでジェットコースター。
だだ~っと階段を下ったら、見上げるような階段。
それをやっとこさ登りきって、また階段をだだ~っと下りていく。
下り切ったら、フラットに走れるところなんて皆無で、
またすぐにデジャブかのような見上げる階段がお出まし。

そんなアップダウンを何度も何度も繰り返す。
これはまるでジェットコースター。

ジェットコースターは一番初めに最高点に到達して、
それを越えることはない。
だけど、トレランはそうはいかない。

658mの岩橋山から、目指すは959mの大和葛城山。
300mは登っていかないといけない。

これがまた永遠と続く階段・・・。

余裕のある人には、屯鶴峯から槇尾山まで階段が何段あるか数えてもらいたい(笑)。

09:07
持尾辻に到着。
岩橋山から1.8㎞。
2㎞弱進むのに22分もかかるんだから、山はスピードが上がりませんね。

ここから忍海道分岐までは嬉しいことにフラットな走れる場所がある。

フラットに走れるところがあればそこは楽しんで走る。
苦しむのではなく、やっぱり山は楽しまないと。
「苦しいから楽しい」というのもあるけど(←マゾ?)

葛城山まで3.5㎞。
あと少し。
しかし、山の3.5㎞はロードの3.5㎞とは比べ物にならないぐらいに長い。

果てしない木製階段を登り続けて、やっとこさ辿り着いた全自動給水エイド「自販機」。
大和葛城山の山頂付近では、食堂があったり、トイレがあったり、自販機があったりと、
ダイトレの中でもかなり大きなエイドステーション。
とりあえず自販機で水を確保しておく。

ダイトレで重要になってくるのが「水場」。
自販機はもちろん、湧水もさほど多くない。

「山で水が切れる」これは絶体絶命のピンチ。
多いかな?ぐらい持っておかないと、危ない。
経験から徐々に誤差は絞れていくだろうけど、
無くて困るぐらいなら、多くて困ったほうが間違いなくいい。

生命線はちゃんと確保しておく。

チェルさんの千円札が濡れて自販機を通らないというトラブル発生。
バックパックに入れていても、ポーチに入れていても、
お札、紙、タオルや着替えは全部、汗でやられてしまう。

チェルさんはそんなことは百も承知で、防水性の小さな袋に入れていたのだが、
防水機能が弱っていたのか、千円札は全滅していた。

僕は¥100均で買った小さなジップロックを使っている。
汗を防ぐには十分な性能を持っている。
しかし、もろい。

初めに眼にした自販機に飛びついた僕たち。
しばしの休憩をはさんで、山頂へ向かう道を登っていくと、
いくらでも自販機があって、種類も豊富だった。
といっても僕は水しか買わないんだけど。

まだ時間が早過ぎるせいか、平日だからか、食堂はやっていない。
トイレを済ませて、展望所に行って、奈良盆地を眺めてみる。
この日は残念ながら真っ白。
あんな真っ白なガスの中で普段生活しているのかと思うと、
恐ろしくなる。
ただ、ここも大して変わらないのかもしれない。

さて、そろそろ前に向かって進もうかというところで、
葛城山の石板で撮影していないことを思い出す。

このダイトレ石板もなかなか厄介なもので、
一体どこにあるのかよくわからない。
わざとわかり辛いところに設置したんじゃないの?
ってぐらいにわかり辛いところにあったりする。

だから、こんなところにはないだろうってところを探すと見つかる(笑)

無事に撮影を終えて走り出す。

ほんの少し進むと驚くほどに美しい景色が眼に飛び込んできた。
反対側とは全然違った景色。
高度感のある眺めにススキが美しい。
瞬時にして、また来ようと思う。

ここからは急な階段。
階段だけど、土の流出が激しくて、
まるで肉を失った骨のごとく丸太が飛び出しているだけ。

丸太の上を飛び移っていくか、
またいでいくか、
横にそれるかはその人次第の選択。

だが横にそれればそれるほどに、
トレイルが広がり、土がさらに流出してしまうということを
知っておいてもらいたい。

この時、先行しているトレイルランナーが1人いた。
中年男性で、下りの後の登りの階段が軽快で速くて、
すぐに見えなくなった。

ちょっと階段を登るとまた下り。
今度は階段ではなく、木の根が張り巡らされた美しいトレイルだった。




つづく・・・




応援の1クリックお願いします(。-`ω-)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。とても励みになっています。


Twitterでは日々の出来事をつぶやいております。
フォローして頂ければ感激です。気軽に絡んでください!(^^)!




スポンサードリンク




ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!






P.P.S
runnersbarcorrer手書き
私NOPEですが、2016年3月より奈良市にて、
全ての走る人に向けたスペインバル「ランナーズバルコレール」を営業しております。
グルテンフリー・オーガニックフードとランニングイベントによる、
健康的なライフスタイルを提供しておりますので、
奈良に遊びに来られた際には、是非とも寄ってみてください(^_^)


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp
Runner's BAR CORRERブログ

Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード

関連記事
スポンサーサイト
Category: トレラン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。