FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰でも簡単にできる食事改善~まずは【さしすせそ】から②~

いつもありがとうございます。
走ると食べるで健康的なライフスタイルを提供している
ランナーズバル・コレールのよしだです。





さて、今回の記事も、
前回に引き続き、「さしすせそ」の話をさせていただきます。

2630a3a4aa96a156e857327c8e65ee7b_t.jpg

今回はについてです。


塩って塩化ナトリウムを連想しませんか?
いわゆる食塩と呼べれているものは、
99%が塩化ナトリウムだといわれています。

本来の塩には、塩化ナトリウムだけではなく、
カリウム、マグネシウム、カルシウムを含め、
さらにその他多くのミネラルも含んでいます。


ミネラルの種類は100種類以上にも及び、
必須ミネラルと呼ばれるものはたったの16種類。
ただ、その16種類だけではなく、他のミネラルも人体には必要なもので、
その他のミネラルが体内から枯渇してしまい、
体内のミネラルバランスが崩れてしまうことは好ましくないんですね。

塩化ナトリウム99%の精製塩を摂っていると、
ミネラルバランスが崩れてしまい、
塩から本来摂れるはずの他のミネラルも摂ることができなくなります。


85253b7c7b403dd3c57b34e08b3051ab_t.jpg

脚つりとミネラルの関係


よくマラソンやトレイルランニングで脚をつるという人がいます。
そういった人たちが脚つり防止のために、
レース中にジェルなどでミネラルを摂取していたりします。

ですが、あれは本当に無意味に近いことかもしれません。

実はミネラルの吸収率はそれほど良くなくて、
例えばマグネシウムなら30%~40%と言われています。

また吸収にも1時間から6時間、場合によっては8時間ほどかかるのでは?と、
いわれています。

運動中ならそれ以上に吸収率も悪くなり、
吸収時間も長くなると考えられます。

マグネシウムは体内に25gほど貯蔵があり、
他のミネラルも普段からちゃんと摂取していれば、
体内である程度貯蔵されています。

ジェルなどに含まれているミネラル量は微々たるもので、
数十mgといったところ。

そういったものをせっせと飲んだりしても、
かなり効果は怪しいというわけです。

食養で処方するサプリメントも1週間程度続けて飲んで、
効果を期待するわけですから、
まぁ運動中の栄養摂取がトンデモ論だというのは、
なんとなくわかってもらえると思います。

100マイルレースなどで十数時間以上も動き続けるのであれば、
また話も変わってくるとは思いますが。




ミネラル補給は普段の生活から変える


それよりも普段使う塩を「99%塩化ナトリウム塩」から、
複数のミネラルを含んでいる
伝統的な天日塩田で作られた海塩や、
高品質な岩塩に変えた方が、
よっぽど脚つり対策にもなりますし、
高血圧予防にもなります。

「高血圧=塩の摂りすぎ」ということですが、
塩の摂りすぎではなくて「99%塩化ナトリウムの塩」の摂りすぎだということですね。

「99%塩化ナトリウム塩」ではない塩は、
塩辛くなく、美味いと感じられます。

もちろん天日海塩や岩塩であっても、
摂り過ぎてはいけませんが、
塩化ナトリウム99%以上の塩を避けるようにすれば、
「高血圧=塩の摂りすぎ」という図式からは外れることができるのです。




【おおまかな分類】


原塩・・・塩化ナトリウム純度95%(天日塩・岩塩・粗製塩など)*漂白されていないものを選ぶ
食塩・・・塩化ナトリウム純度99%
精製塩・・・塩化ナトリウム純度99.5%(湿気を吸わないように炭酸マグネシウムが添加されている)


塩の精製法はいくつかありますが、
工業用に作られている塩はイオン交換膜製塩法という、
化学的に合成された塩化ナトリウム純度の高い塩であり、
原材料に表示されていている「食塩」とは、
この製法で作られた塩を指すと考えて大方間違いないと思います。

家庭用に売られている原塩、食塩、精製塩も同様で、
パッケージには「工程」が記載されています。

本当の天日塩であれば、
「天日、乾燥、粉砕」のみです。

ここに「イオン膜・洗浄・溶解・逆浸透膜」といった工程があれば、
それはなんちゃって天日塩なので、注意が必要ですね。


日本は1971年に法律によって、
イオン交換膜製塩法でしか塩を作ってはならないとされ、
それまでの伝統的な塩田による塩の製造ができなくなりました。

これを受けて化学薬品で作られる化学薬品のような塩に対しての反対運動が起き、
CMで有名な「伯方の塩」が生まれたそうです。
(今では塩の製造販売は自由化されています)



おススメの塩?


おススメのお塩を聞かれますが、
信頼できるところから購入するのが一番だと思います。
舌で味わい、塩辛いと思ったものは避けるようにするのが一番だと思います。




Runner's BAR CORRER
よしだ りょう
カラダとメンタル改善パーソナルコーチ/モチベーター/根本治療セラピスト
飲食店プロデューサー/文筆家/奈良観光マラニックナビゲーター


もっと知りたいことがあれば、メルマガでご質問にお答えしております!
無料メルマガ「コレールのメールニュース」購読申込はこちら





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。