【食事改善】実はとっても簡単にできる食事改善の方法はこれです

いつもありがとうございます。
走ると食べるで健康的なライフスタイルを提供している
ランナーズバル・コレールのよしだです。




今日のお話ですが、
今日も引き続き「さしすせそ」についてです。


b9d6e5cf2fd73006ef840224c0e987b6_t.jpg

【酢・醤油・味噌】


この三つに共通しているものが、
醸造されたものなのか、
合成されたものなのか、
大きくはこの違いだと思います。

安く・早く作って、
大量生産・大量消費させようと思えば、
粗悪品となり、人体に悪影響もあると考えられます。

もちろん大企業や国は基準値を満たしているということで、
販売し、その許可を出しているわけですが、
この基準値がそもそもどうなのか?という疑いをもつことは、
自分自身と家族の健康を考えた時には、
とても重要になってくると思います。

アレルギーにしても、
癌にしても、
その他の病気なども、
その多くは現代生活が始まってから産まれたものばかりで、
それまでの人類にはなかった病気・症状なのですから、
化学合成物質を身体に摂りこまないように注意することは、
病気で苦しまない、普段の生活を快活に暮らす、
健康な生き方につながりますね。

体の健康を考えれば、
運動したり、
化学物質を摂りこまないようにしたり、
睡眠をとったり、
手間暇をかけてあげないといけません。


これは食材や調味料であっても同じなんですね。


偽物の調味料??


酢や醤油、味噌は醸造されて作られています。

これには手間暇がかかるわけです。

それは発酵・醸造という作業は菌がおこなっていて、
長い時間をかけてタンパク質を分解していくからなんです。

ただ、こうした手間暇をかけていない商品はたくさん出回っていますよね。


原材料部分をみれば一目瞭然ですが、
醤油であれば、
果糖ブドウ糖液糖とか、
カラメル色素とか、
アミノ酸とか、
そんなものは本来ちゃんとした作り方をしていれば、
必要のないものばかりです。

そして、例えば『果糖ブドウ糖液糖が一体なにから作られているのか?』
それも簡単に知ることはできません・・・。


脱脂加工大豆ってなに??


脱脂加工大豆もよく見る原材料ですが、
これは油を搾った残りカスともよくいわれます。

醤油を効率よく低コストで作ろうとした場合、
大豆がもつ油が邪魔になるので、
脱脂加工大豆を使うようです。


ただこの脱脂加工大豆も一体どんな大豆なのか?が、
よくわからないもので、大豆の自給率が7%の日本ですから、
多くの大豆加工品はアメリカ、カナダ、中国からの輸入大豆で作られているものですね。

輸入となるとポストハーベストの問題がでてきます。
ポストハーベストは農産物を輸入する際に散布される農薬のことです。


昔からの醸造元を選んで伝統を守ることに貢献しませんか?


こうなると
じゃあ、一体どれを使えばいいのか??ってなるわけですが、
原料にこだわり、昔ながらの醸造方法で作られている醸造元が、
全国にたくさんあります。


酢、醤油、味噌といった毎日のように使う調味料ですから、
少しだけでもいいので値段以外で選ぶようにすると、
料理の味わいも、身体の調子も変わってきます。

化学物質が体内のホルモンバランスやホルモン作用に異常をきたすことは、
多くの研究などでいわれています。

化学物質の悪影響は、
ダイエットもそうですし、
血行が悪くて心拍数が高くなったり、
気分が落ち着かないなど、
色んな場面で出てきます。


人も食べ物も手間暇をかけて、
作っていかないと、
どこかでしっぺ返しを受けてしまいますね。


料理の基本となる「さしすせそ」について、
数回に渡って、簡単にですが書かせていただきました。


基本的には、手間暇をかけるのは作り手なので、
私たちはそれをただ買うだけでOKなので、
食事改善はとっても簡単なんです。

まずは「さしすせそ」から始めてみてください。


ご意見・ご感想やご質問をメルマガフォームより、受付ております。



お読みくださり、ありがとうございました。




Runner's BAR CORRER
よしだ りょう
カラダとメンタル改善パーソナルコーチ/モチベーター/根本治療セラピスト
飲食店プロデューサー/文筆家/奈良観光マラニックナビゲーター



もっと知りたいことがあれば、メルマガでご質問にお答えしております!
無料メルマガ「コレールのメールニュース」購読申込はこちら







食べると走ると食べるで健康的なライフスタイルを提供しているお店ランナーズバル・コレールのHP

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する