FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての大阪マラソン完全攻略その①~とりあえず完走が目標というランナーが知っておくべきこと~

来る2015年10月25日。
第5回大阪マラソンが開催されます。

募集ランナー3万人の定員に対して、
13万7814人という大幅に超える申し込みがあったなか、
幸運にも当選させていただきました。

当選した3万人のランナーは、落選された10万7814人のランナーの気持ちを考えて、
せめて「完走」するのが、マナーだと私は考えます。

最低限、制限時間内にゴールゲートをくぐる。

走りたくて、走りたくて、めちゃくちゃ走りたくても、
5回連続で落選されている方もいらっしゃいます。

そんなランナーが見ていて、
「それなら俺に走らせてくれよ」
と思ってしまうのって、誰の立場からしてもなんだか嫌ですよね。

そんな空気の悪い大会にさせないためにも、
私と共に大阪マラソンを自己ベストで完走できるように、
残りの80日間頑張ってみませんか。

今シリーズではフルマラソン、特に初めての大阪マラソンを攻略する方法を書いていきます。
バシッとゴールゲートをくぐってやりましょう。



スポンサードリンク



ミズノ公式オンラインショップ





大阪マラソン・コースのお話


大阪マラソンコース
「大阪マラソンコース」出典:大阪マラソン公式HP-コース紹介


「彼を知り、己を知れば百戦あやうからず」

これは兵法書「孫子」に書かれている言葉です。

敵のこと、自分(味方)のことを把握していれば、何度戦っても必ず勝てるという意味ですが、
マラソンでも通用することわざだと私は考えていて、結構好きな言葉です。

つまり、大阪マラソンを完全攻略するためには、自分が走るコースを把握していなければ、
絶対なる「勝利」は掴めないということです。
(ここでいう「勝利」とは「自己ベストタイムでの完走」を意味します。)


スタート地点
大阪城公園前
Osaka Castle Park 20071230


コースを把握するには実際に走ってみるのが一番ですが、
それには42.195㎞走らなければいけませんし、
遠方に住んでる方だと難しいですよね。

そこで、まず利用したいのが大阪マラソンのコース紹介です。

公式ホームページにアップされている、コース紹介のムービーは、一度は必ず見ておきましょう。

大阪マラソンはほとんどフラットなコースなので、
走りやすそうですね。

3㎞過ぎから始まる登りが洗礼として待ち構えているだけで、
前半は全く問題なく走れそうです。


完走が目標なら「関門」に注意。


公道を利用するマラソンでは、時間に制限があります。
いつまでも道路を封鎖しておくことはできませんからね。

ゴールまでの制限時間が、大阪マラソンだと7時間に設定されています。
ですが、ゴールまでの間に10か所の関門があります。

この関門に引っかかると、当然、そこで強制的にリタイヤです。
そうならないためにも、十分にタイム・ペースを考えて走りましょう。


9時のスタートの号砲が鳴ってから1時間18分後、
5㎞地点で1つ目の関門があります。
完走を目指していれば、ここで引っかかることはまずあり得ませんが、
念のため頭にいれておきましょう。

南向き一方通行の御堂筋を逆走する前にレース終了では味気なさすぎですからね。

御堂筋を逆走して、土佐堀通りに入ると、2つ目の関門です。
10㎞地点で2時間5分が関門のタイムです。
閉鎖時刻は11時5分。
1つ目の関門から47分後です。

ここも時間は十分にありますので、問題なく通過できると思います。

11㎞付近、片町交差点を折り返して、来た道を戻っていきます。
14㎞付近、中央公会堂を目に焼き付けて、再び御堂筋へ。

この14㎞地点で3つ目の関門です。
スタートの号砲から2時間35分が制限となっています。
閉鎖時刻は11時35分。
2つ目の関門から30分後です。

10分/㎞ペースで走ってギリセーフといったところでしょうか。

ここでギリセーフのタイムだと完走が危ういので注意です。

次の4つ目の関門は20㎞地点。
京セラドーム大阪の手前あたり、千代崎西交差点の折り返しを過ぎたあたりです。
閉鎖時刻は12時30分。
スタート号砲から3時間半。
3つ目の関門から55分後です。

14㎞地点から55分の開きがあるので、3つ目の関門を突破できて、
ペースを維持しているのであれば、ここも通過できます。

目標は完走ですからね。
まだまだ余裕を持って走っておきたいですね。

京セラドームを過ぎていくと中間地点。
その先には早くも5つ目の関門が。

22㎞地点でスタート号砲から3時間48分のリミットです。
なんと4つ目から、わずか2㎞で関門が。
その間を18分で走らなければいけませんが、まだまだ問題ないはずです。

ちゃんと練習していれば。

とにかく、この20㎞からの2㎞は休まずに走り抜けておきましょう。

なんばを抜けて、26㎞地点で6つ目の関門です。
スタート号砲から4時間29分。
13時29分の閉鎖時刻で、
5つ目の関門から41分後です。

スタートのロスがあっても、9分/㎞ペースでも通過できる関門設定なので、
安心して、自分のペースを守って走りましょう。

国道26号線をまっすぐ走って、玉出へと向かうまでに30㎞地点があります。
マラソンの前半がやっと終了です。

ここでやっぱり7つ目の関門があります。

閉鎖時刻は14時6分。
スタート号砲から5時間6分。
6つ目の関門から37分後です。

例えペースは遅くても、しっかり走りこんできたランナーであれば、
30㎞5時間切りはそんなに難しくはありません。
10分/㎞ペースですので。

問題はここからですね。


最大の難所は、やはり最後に待ち構えている


30㎞を越えて、もう脚も心も色々ときつくなってきているはずです。
でも、マラソンはここからが勝負です。


33㎞付近、住之江競艇場の横を通る住之江通りに入るカーブを曲がってから、
ペースアップができればしていきましょう。

ここまでの道のりで余力を残した走りができていれば、完走は間違いありません。
できることなら最後の追い込みをかけて、目標タイムを狙っていきたいですね。

34㎞地点に8つ目の関門です。
閉鎖時刻は14時38分。
スタート号砲から5時間38分です。
7つ目閉鎖から32分後です。

先ほどまでは10分/㎞ペースで通過できていた関門も、
ついに10分/㎞ペースを上回るペースで走らないといけなくなりました。

10分/㎞ペースですと、そもそも7時間制限に間に合わないので、
前半抑えてきたランナーは後半頑張ってペースアップしなければいけません。


ここからペースを上げて頑張りたいランナーを待ち受けているのが、
37㎞付近の南港大橋でしょう。
Nanko-Ohashi (Osaka)01
By Kansai explorer (投稿者自身による作品) [GFDL or CC BY 3.0], via Wikimedia Commons


大阪マラソン最大の難所。
まさに最後の踏ん張りどころ。

ここまでほぼフラットなコースだったのに、
30㎞越えてからの登り坂は結構こたえそうですね。


この南港大橋は、もう気持ちで乗り越えていきましょう。


38㎞地点には9つ目の関門も待っています。
閉鎖時刻は15時14分。
スタート号砲から6時間14分。
8つ目閉鎖からは36分後です。

南港大橋で立ち止まっていたら、この関門につかまってしまう可能性大ですので、
なんとしても南港大橋は走り抜いてしまいましょう。

ただ、コースムービーを見て感じたのは、
「南港大橋を渡ってからの4㎞が結構長く感じるかもしれないな」
ということでした。

南港は殺風景な風景が広がっていますので、
残りちょっとだと思うと、余計に苦しいかもしれませんね。

この辺りで知り合いに応援してもらえるように頼んでおくのもいいかもしれませんね。

声援があるのとないのとでは全然違いますから。
苦しいときに励まされれば、ぐっと走る力もわいてきます。

そして、いよいよ最後の関門です。
41㎞地点、閉鎖時刻は15時57分。
スタート号砲から6時間57分。
9つ目閉鎖からは43分後です。

もうここで関門に引っかかるなんて、そんなもったいないことはできません。
あと595m先にはゴールがあるんですから。
(最後の関門の場所は正確には41.6㎞地点)

7時間での完走を目標にペース配分して、
なおかつイーブンペースで走れれば、
問題なくゴールまでたどり着けますが、
なかなかそうはいってもペースが安定しなかったりするものですよね。


では、どうすれば制限時間内にゴールできるのでしょうか。

この疑問に対する答えは、次回に書かせていただきます。



応援の1クリックお願いします(。-`ω-)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。とても励みになっています。


Twitterでは日々の出来事をつぶやいております。
フォローして頂ければ感激です。気軽に絡んでください!(^^)!




スポンサードリンク




ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!






P.P.S
runnersbarcorrer手書き
私NOPEですが、2016年3月より奈良市にて、
全ての走る人に向けたスペインバル「ランナーズバルコレール」を営業しております。
グルテンフリー・オーガニックフードとランニングイベントによる、
健康的なライフスタイルを提供しておりますので、
奈良に遊びに来られた際には、是非とも寄ってみてください(^_^)


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp
Runner's BAR CORRERブログ

Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード

関連記事
スポンサーサイト
Theme: マラソン | Genre: スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。