FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【走フォーム改善】シューズの裏を見て「かかと」がすり減っていたあなたへ

アウトソール

あなたは日々のランニングで使用している靴の裏を見たことがありますか?

もし見たことがなければ、今すぐ見てください。
そして、どの部分が一番すり減っているか確認しておきましょう。

もし、かかと部分が一番すり減っているなら要注意かもしれません。




アウトソールから何が読み取れる?


アウトソールと呼ばれる靴底の外側部分。
地面と直に対峙してくれているタフガイ的な存在のアウトソールですが、
走れば走るほどすり減っていきます。

特に最初に着地する部分が一番衝撃を受けるので、
他の部分よりもすり減っていくスピードが早いです。

かかとが一番すり減っていたり、外側がよくすり減っているとか、
つま先であったり、全体的にムラがなかったなど。
よくすり減っている部分は人によって様々です。

すり減っている部分は人それぞれですが、
一番すり減っている部分で最初に着地しているということは変わりありません。






ヒールストライク走法


かかとが一番すり減っていたというあなたは、ヒールストライク走法で走っています。
いわゆる「かかと着地」というやつですね。

よく耳にするヒールストライク走法とは一体どんな走り方なのでしょうか。

かかとで着地するということは、重心よりも前で着地しています。
重心よりも前で着地すると、脚が身体よりも前に出て、突っ張ってしまっているので、
それがブレーキとなってしまい、スピードがでません。

スピードはでませんが、着地による衝撃を筋肉だけではなく骨格でも受け止めます。
その分、着地でのダメージが分散されますので、負担の軽い走り方といえますね。






フラット走法のすすめ


フラット走法とは、
かかとで着地するヒールストライクや、つま先などの足の前側で着地するフォアフットとは違って、
足裏全体で着地する走法です。

ミッドフットとも呼ばれていますね。

重心の真下で着地できるフラット走法は、ヒールストライク走法とは違ってブレーキがかかったりしません。
それに、地面に足の裏が接している時間(接地時間)も短くてすみます。
かかとから着地すると、かかと→足裏全体→つま先の順番で、足裏が地面に接して離れていきます。
初めからフラットに着地すれば、単純にこのプロセスを省略できて、接地時間が短くなりますね。

どうして接地時間が短いほうがいいのかというと、
接地時間が長いとその分、上体に対して脚が遅れていきます。
脚が地面に接して止まっている間も、上半身は前に向かって動いているからです。

脚が遅れて出ればその分ブレーキとなってスピードを殺してしまうことに。

重心の真下で着地できて、接地時間も短くてすむフラット走法は、
エネルギーをロスすることなく、スピードが出せる走り方なんですね。


私自身、実はヒールストライク走法で走っていました。
ブラスバンド部でマーチングをしていたため、
かかと着地でのウォーキングを身体に叩き込んでいました。
この癖がなかなかとれなかったんですよね(;・∀・)

ウォーキングからランニングに入った方なんかはヒールストライクが馴染んでしまっていて、
フラット走法に変えていくのに苦労するかもしれません。

でも、意識して改善に取り組んでいくことで、必ずフラット走法は獲得できます。
次回の記事では、私が実践してきた方法を紹介していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それではまた。


応援の1クリックお願いします(。-`ω-)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。とても励みになっています。


Twitterでは日々の出来事をつぶやいております。
フォローして頂ければ感激です。気軽に絡んでください!(^^)!




スポンサードリンク



P.S.
楽天カードへ入会してカードを利用すると、
キャンペーンに応じた楽天ポイントがもらえます。

私も楽天カードを作ってポイントを獲得して、
欲しかったシューズを格安で手に入れました。


楽天カード申し込みはもちろん無料でできますので、
この機会に是非ポイントを獲得して、
欲しかったアイテムを格安で手にいれちゃいましょう。

楽天カードの
申込はこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



関連記事
スポンサーサイト
Theme: マラソン | Genre: スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。