FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【走フォーム改善】フラット走法を体得するための3つの意識

a0002_011916_m.jpg
ヒールストライクの瞬間

前回、ヒールストライク走法ではなくフラット走法で走ったほうが、
楽に走れて、なおかつスピードも出せますよというお話をさせてもらいました。

そこで今回はフラット走法を体得するために意識する3つのポイントを書いていきます。

私が実践しているメソッドですので、万人に当てはまらないかもしれませんが、
フラット走法体得の参考にしてみてください。




その1:丹田の意識


重心=丹田
丹田(たんでん)に重心があると意識して走ってみましょう。

フラット走法は「重心」の真下で着地する走り方です。
そこでまずは重心を意識してもらいたいのです。

スポーツではよく「重心」という言葉が使われますね。
「重心の移動がスムーズ」とか、
「重心がぶれない」とか、
様々なスポーツで重心というのはパフォーマンスを左右する要素となっています。

フラット走法では重心の真下で着地するわけですから、
重心がどこにあるのかわかっていなければ、足をどこで着地させればいいかわかりませんね。

そこで「丹田」の登場です。
丹田とは、昔々の中国で生まれた道教から伝わるヘソから3寸下の下っ腹を指す言葉です。

この丹田という概念は、武道なんかに広く使われていて、気を練る場所だと考えられています。

よく「腰が入っている」なんて表現をしますが、これも丹田に力がはいって、
「重心が支えられている」、「重心が乗っている」力強く、安定した状態を表す時に使いますね。
丹田の意識は、伝統芸能の「能・狂言」なんかの演技を見てもわかりやすいかもしれません。

走っている時もこの丹田に重心があると意識してみてください。
流行になっている「体幹」という捉え方も同じ考え方ですね。
こちらのほうがわかりやすいかもしれませんね。

まずは走る際に、
自分の重心はどこにあるのか探ってみて、
丹田を意識して走ってみてください。



その2:前傾姿勢の意識


重心が丹田にあることを意識できたなら、次のステップです。

前傾姿勢を意識して走ってみてください。

前傾姿勢で走ると、脚で身体を運ぶのではなく、
身体を使って脚を動かしてあげれるようになります。

どういうことかといいますと、今すぐ実践できる方法で体感してみてください。

まずはその場で立ってみてください。
かかとを浮かして、つま先立ちをします。
徐々に前に上半身を倒してみてください。
「このままいったら本当に倒れるー」というところ以上に倒してみてください。

そうすると、必ず脚が前に一歩でます。
脚が出ないと倒れてしまいますので。

本来なら脚が出て倒れることはあり得ないのですが、
万が一、本当に倒れてしまって、
怪我をされても責任は負いませんのであらかじめご了承ください(笑)。


脚が無事に前に出たなら、その脚が自然と着地した場所と重心の位置を確認してみてください。
重心の真下に着地しているかと思います。
かかとからではなく、フラットな着地で。

フラット走法はこの繰り返しです。
こうしてみると、フラット走法は簡単に体得できそうですよね。



その3:着地タイミングの意識


着地タイミングは早目を意識

フラット走法を体得する練習中に感じるヒールストライク走法との決定的な違いというか、
違和感を感じる部分は着地タイミングの違いです。

ヒールストライク走法では、重心よりも前に着地しているので、
着地タイミングがフラット走法に比べて遅いです。
そして、重心が乗るのを待つために接地時間も長くなります。

ヒールストライク走法で走っているペースのまま、
重心の真下に着地する意識で脚を運んでみると、
明らかにピッチが速くなります。

同じペースの場合、着地タイミングが早い分、ストライドは短くなります。
この早目の着地、短い接地時間、ストライドの短さ、ピッチの速さの全てがこれまでとは違うので、
少し窮屈にも感じてしまうかもしれませんが、これは慣れるまでの間ですので。

身体が自然とフラットな着地で脚を運べるようになるまでは、
早目の着地タイミングを意識してみてください。




まずはできる範囲でゆっくりと


いかがだったでしょうか。
是非この3つのポイントを意識してみてください。

ただ、いきなり走り始めから走り終わるまで、なんて無理です。
10㎞走るうちのどこか1㎞の間は意識してみるとか、
少しづつフラット走法の感覚に慣れていってみてください。

焦らなくてもフラット走法は逃げていかないので、
ゆっくり無理せず着実に練習していきましょう。


次回は、フラット走法体得を妨げているかもしれないものについて書いていきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。
それではまた。


応援の1クリックお願いします(。-`ω-)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。とても励みになっています。


Twitterでは日々の出来事をつぶやいております。
フォローして頂ければ感激です。気軽に絡んでください!(^^)!





スポンサードリンク





P.S.
楽天カードへ入会してカードを利用すると、
キャンペーンに応じた楽天ポイントがもらえます。

私も楽天カードを作ってポイントを獲得して、
欲しかったシューズを格安で手に入れました。


楽天カード申し込みはもちろん無料でできますので、
この機会に是非ポイントを獲得して、
欲しかったアイテムを格安で手にいれちゃいましょう。

楽天カードの
申込はこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


関連記事
スポンサーサイト
Theme: マラソン | Genre: スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。